センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀕死の子猫♀ キセキちゃん 下半身麻痺
2013年09月16日 (月) | 編集 |
生後3~4ヶ月のキセキちゃん。

飼い主さんが、決まりました!
幸せになってね。

パーキングのロック板に挟まれ

下半身麻痺でセンターに収容されました。

きせき1

瀕死で呼吸も止まりそう、

苦しくて鳴いていました。


緊急で病院に搬送して検査の結果、

36℃の低体温で危険な状態、

排尿ができずに尿毒症になっていて

危険な状態なので入院しました。

きせき2



カテーテルで尿を出しているので

少し良くなってきています。


体温も正常に戻りましたが、

まだ麻酔のリスクは高く手術はできないため、

点滴と抗生剤、ステロイドを投与中。



軽く鎮静をかけてCTをとったところ、

腰椎、脊髄損傷の診断で、

かなり重度の麻痺が残る恐れがあるとのこと。


また、神経の一番奥にダメージがあるため、

下肢は全く痛みを感じなくなっています。

きせき3

まずは、キセキちゃんが回復しますように。。。


ご検討よろしくお願いします。


連絡方法は→こちら

コメント
この記事へのコメント
おうちに迎えて下さる方が決まったのですね!!
本当によかった・・。
幸せになってね。
2013/11/17(日) 19:47:24 | URL | ぱるるん #gJecqrwo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。