センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲目の黒ラブ オスカー
2012年10月15日 (月) | 編集 |
飼い主さんが迎えに来ました!

オスカー良かったね!


1ヶ月も経ってからのお迎え、

何故にこんなに時間が掛かったのでしょうか。

他のセンターだったら殺処分されてましたよ。

迷子札をつけましょう。


黒ラブのおじいちゃん オスカーです。

この子、老犬ですが骨格が素晴らしく美しい!

前脚の狼爪が根元からカットされていて、

若かりしき頃は、ショーに出たりしていたのかも。

オスカー

多分、両方の目が見えてません。

触る時は声をかけ、床を少し叩きながら、

手の来る方向を教えてから触れています。

目が見えないのって、きっと不安が大きいと思うのですが、

この子は、とてもゆったり。

足腰はまだまだ丈夫です。

日の当たらない犬舍は老いにはキツいもの。

1日も早く出れる事を願ってます。


ご検討よろしくお願いします。



コメント
この記事へのコメント
繋いで欲しい命を・・ 
2012/10/19(金) 23:05:21 | URL | leon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。