センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリーダー放棄の柴犬オス  サンスケくん
2012年02月10日 (金) | 編集 |
柴犬サンスケくんの譲渡適正テストをしたので

記事を新しくします。

今までの記事はコチラ


DSC03926.jpg



サンスケくんは3才前後。

体重は6キロと、かなり小さな柴犬です。

去勢手術もマイクロチップ装着も、既に完了!

フィラリア検査も陰性でした♪


DSC03931.jpg



譲渡適正テストの結果は、

ほとんどが固まったままで反応が出ず、

社会化不足、経験不足であることがわかりました。



DSC03936.jpg




サンスケくんに限らず、このブリーダーから来た子達は

みんなこういう結果が出ると思います。


閉鎖的で、人との交流もない環境にいたら

こうなるのは当たり前。


ただ、怖がりだけれど攻撃性がないことが、

この子の良いところ。


人間に依存していない分、お留守番テストでは

逆に落ち着いていました。



DSC03962.jpg




そのうえこの子は、ビビりと言っても、

人の手からおやつをもらえます!


DSC03934.jpg



「人前でも食べられる」

「人の手からもらって食べられる」

これができると、人慣れもぐーんと早まります。


現に、テスト後の人慣れトレーニングでも

サンスケくん、大変良くがんばりました!



しかしセンターでできるトレーニングには

限りがあります。

続きはご家庭で、愛情をたっぷりもらいながら

頑張って欲しいと思っています。



ご検討よろしくお願い致します。


連絡方法は→こちら



無事に保護されました!

ご協力ありがとうございました!









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。