FC2ブログ
センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
犬オス・スマイル・茶・8歳飼育放棄
2011年06月26日 (日) | 編集 |
笑顔がまぶしい「スマイルくん」です。

(7月28日、下部に追記あり)


8才で飼育放棄されました。

収容部屋でも目立って良い子なので、

さっそく譲渡適正テストをしました。

smile2.jpg

思った通り、どの項目もきっちりパス!

そのうえ、始終ニコニコと笑顔で

人の顔を見上げてきました。

フレンドリーで大変よろしい♪

そのうえ文句なしで可愛い♪

smile1.jpg

この環境で、こういう

良い性質を見失わない子は、

根っからの「家庭犬」なんだと思います。

人間が大好きなので、それなりに

可愛がってもらっていたのかもしれませんが、

4年前のケガの治療は、

何もしてもらっていません(涙)

smile3.jpg

左後ろ足が変な方を向いていて、

不自由です。

その足を使って歩いてはいるし、

本人も気にしていないようですが、

当時は相当な痛みがあったはず。

交通事故か何かかな・・・。

smile4.jpg

ご飯をあげて、散歩して、

可愛がるのはもちろんのこと、

ケガをしたら、病気をしたら、

病院に連れて行ってあげなくちゃダメでしょう!

必要最低限の治療をせずに放置するのも虐待です。

4才で大けがをして、

8才で放棄されてしまったスマイルくん。

これから先は、どうか愛にあふれた

幸せな犬生になりますように。

この子の笑顔と暮らしたら、

人間の方も幸せな気持ちになれますよ。




(7月28日、以下追記)


smile10.jpg

6月10日に、飼育放棄された8才のスマイルくん。

譲渡適正テストの結果も優秀だったのに、

全くお声がかかりません。

センターでの生活も、既に1カ月半になりました。

smile9.jpg

元飼い主が、ケガを放置したために

片方の後ろ足が不自由なスマイルくん。

生活には支障ありませんが、

弱者には厳しいセンターでの暮らし。

smile8.jpg

意味もなくいじめられて、

馬乗りになられたり、

目の下を咬まれたり、

逃げようとして滑って転んで

不自由な足を痛めたり。

smile7.jpg

最近では、他の犬を刺激しないように、

いつも隅っこにうずくまっています。

見ていてかわいそうでなりません。

回りに気を使いながらの日々は、

さぞかしストレスフルでしょう。

当初は笑顔がいっぱいで、

名前もスマイルくんにしたのですが、

最近は、寂しそうな暗い顔を見せるようにもなりました。

smile6.jpg

スマイルくんは、

とっても明るい、人懐こい子です。

性格も花マルで、

家族に愛されること間違いなしのカワイイ子です。

smile5.jpg

そんなスマイルくんなので、

1日も早くここから出してあげたいです。

できれば室内飼いで、

足の負担も考えたケアをしてもらえたら、

また笑顔満開のスマイルくんに戻って、

まだまだ元気で長生きできると思います。





ご検討よろしくお願いいたします。


連絡方法は→こちら


新しい飼い主様が決定しました!

何年も前からそこで暮らしてるかのように、

あっという間に馴染んだスマイル♪

良かったね、幸せにね!

ご協力ありがとうございました!



コメント
この記事へのコメント
太字の文
お願い!!!どなたかスマイル君に愛の手を!!!
私はまだ若い世代で一人暮らしで1匹シニア域中型犬の保護をしていて、引き取ってあげたくても責任が持てません。

スマイル君、
どうか、助けてもらえますように!!v-195
2011/08/07(日) 18:30:27 | URL | Kana #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する