センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白茶の長毛 チロフワ君
2011年02月24日 (木) | 編集 |
チゃいろくて、しロくて、フワふわだから

仮名は『チロフワ』です。

(3月25日、下部に追記あり)

tirohuwa1.jpg

写真もとってもウマク撮れているけれど、

でも、チロフワは実物の方がずっと可愛い!

人懐こくて、物静かで、

お行儀が良い犬です。

tirohuwa2.jpg

人は好きだけど、

飛びついたりはしません。

小さな犬にも優しいので、

なんと!小型のシーズーと

一緒のスペースにいます。

シーズーに尻尾を踏まれようが、

全く怒りません。動じない!

シーズーからオヤツを

取り上げたりもしない。

やっさし~~~のです!

紳士チロフワ♪♪♪

tirohuwa3.jpg

人間でいうと、そろそろ定年かな、

というようなお年頃。

年相応に落ち着いてはいますが、

老いぼれてはいません。

他の犬がおやつをもらっていると、

すかさず気付いて

目を輝かせながら

自分の番を待っています。

tirohuwa4.jpg

そして人の目を

本当に嬉しそうに見つめます。

IMGP9048.jpg


そんなチロフワ氏の瞳を見ていると、

「嬉しいね~♪楽しいね~♪」と

こちらも自然と笑顔になります。

IMGP9049.jpg


(3月25日、以下追記)

tirohuwa6.jpg

古株でシニアということもあり、

だんだん元気がなくなってきていて

心配しています。

いま置かれている環境に、

ストレスを強く感じているように

見受けられます。

tirohuwa5.jpg

実は先日、捕獲時に立ち会った一般の方に、

センターから譲渡されたのですが、

単に「かわいそう」という

気持ちだけで引き取ってしまって、

「犬を飼う」ということについて、

知識も経験もない方だったようなのです。

不注意で逃がしてしまい、

また捕獲されました。

あげくの果てに、

「やっぱり飼えない」と、

センターへ返却です。

あっという間の返却でした。

出戻って以来、チロフワくんは

しょげたように

元気がなくなってしまっています。



ご検討よろしくお願い致します。



コメント
この記事へのコメント
キセキの保護主です
ちろふわ君のためにまた転載して頑張ります!!
2011/03/31(木) 16:09:57 | URL | Bambi #-[ 編集]
ココにゃん一家の縁結び ブログから飛んできて過去ログを見ていて、この子を見てなんだか涙が出てきてしまいました。
パピヨンの血が入っていそうですね、ちろふわくん。
うちは保護犬のパピヨン二匹と一緒に住んでいますが、その子たちがセンターに居た時の悲しげな表情を思い出すと切なくなります。
福岡ですが、この子を、助けてあげたかったです。
皆様の活動には頭が下がる思いです。
福岡から何かお手伝いができたらな、と思います。
2012/06/21(木) 21:21:29 | URL | ふうたの姉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。