センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かりんちゃん
2015年12月31日 (木) | 編集 |
***2015年4月12日掲載***

駐車場で倒れているところを保護されたかりんちゃん。

頭が震え、お尻から血がでるため急いで通院しました。

IMG_0844.jpg



痙攣があり、歩行失調状態です。

視力も光は感じられるようですが、キチンと見えているわけではなさそう。

頭の震えもあるので、小脳障害の疑いがあります。





おそらく事故にあったと思われます。

視力障害や頭の震えがその影響に因る一時的なものか、

ずっと続くものかは今はわかりません(T_T)

脳の腫れをひくためのステロイドを始めています。


IMG_0851.jpg


かりんちゃん、妊娠していました。

お尻からの持続的な出血もあり、投薬も始めています。

お腹の子への影響が否めない、

出産が母体に負担が掛かり過ぎるので

堕胎(子宮摘出)になります。


手術時の麻酔は脳圧を上げてしまうため、

脳障害が疑われる子にはリスクが高いのですが、

致し方ありません (T_T)


< 4月18日 追記 >

かりんちゃん、亡くなってしまいました。(T_T)

小脳障害が一気に進んでしまったようです。

回復して幸せにしてあげたかった。。


猫は室内で飼いましょう。

ちょっとだけだからといって外に出すのが命取りです。

飼い主のいない猫も不妊手術をしましょう。

不幸な猫を増やさないために。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。