センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育放棄の薄茶のメス犬。13キロ位。立ち耳と、垂れ耳の雑種。
2010年08月12日 (木) | 編集 |


(8月21日、下部に追記あり)


飼育放棄の子ですが、年齢は不明です。

そんなに若々しくもないけれど、そんなに年寄りでも無いと思います。

5~8才位なのかな・・・

片耳が立って、片耳が垂れてます。

IMGP7818.jpg

この子と一緒に放棄されたオス犬は、すぐに殺処分されました。

悪い子ではありませんでしたが、オスはちょっと怖がりの子でした。

でも、きっと収容されて数日立てば、

本来の明るさが出るんじゃないのかな・・・と思いました。



このメスもすぐに殺処分と言われましたが、

他の犬と喧嘩もなく、性格も穏やかだったので、

頼んで延期してもらいました。

このメスの処分延期を頼むだけで精一杯でした。

オスは助けられませんでした。

収容部屋がなければ、放棄の子から処分されます。



飼育放棄の犬猫は、基本的にはすぐに殺処分です。

特に、今の時期(夏季)は、旅行に行くから・・・とか、

こんな実にクダラナイ理由での放棄が多いのです。

花火、雷などによるパニックで迷子になる子が多いのも

収容頭数が増える原因になっています。


どなたかご検討頂けませんか?



(8月21日、追記)

いつも収容部屋の後ろの方にいましたが、

今日は、前に出てきていて少しなでる事が出来ました。

ちょっとずつ環境に慣れているようです。

穏やかで飼いやすそうに思います。




無事に保護されました!

ご協力ありがとうございました!





無事に保護されました!

本当にありがとうございます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。