センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこみち 長毛中型オス 13歳位
2014年12月30日 (火) | 編集 |
***2014年8月16日 掲載***

モコモコ長毛の13歳位のオス。

もこみち。

とってもイケメン!

(9月10日下部に追記)

(12月1日下部に追記

(1月23日下部に追記

1408115855269.jpg

なんだかお腹のあたりが

タプンタプンしていておかしい感じ。

お散歩で歩くし、おやつも食べるけど、

部屋では元気がない。

1408115866281.jpg

診察に行ってきてもらいました。

肝臓がかなり大きくなっていて、

お腹が張って見えるのは、

肥大した肝臓のせいみたいです。

胆嚢粘液嚢腫もあるようです。

1408115871344.jpg

とりあえず投薬をしてみようと思っています。

1408115768385.jpg

シニアですし、フィラリア陽性だし、

その他、体調の事もあるし・・・

なかなか家族見つからないかな(;;)

1408115763754.jpg

早く家庭に入れてケアできたらよいのですが・・・。

1408117007135.jpg

こんな感じの子ですが、

可愛いお顔にピンとこられた方!!

1408117011510.jpg

是非迎えてあげてください。

年齢的にも長くないかもしれません。

でも、人間との暮らしを楽しんでもらいたい。

性格は穏やかで優しい子ですよ。

とっても可愛らしいおじいちゃんです。

1408117004240.jpg

・・なんか、おじいちゃんという言葉が、

似合わないキュートさですけど(笑)

1408117001755.jpg


通院すると、シャキッとしてます。

キンチョウするもんねー、



20140903234958cfe.jpg

でも普段はこんな感じ。

20140903235001959.jpg

だるそうにしています。

20140903235003ff3.jpg


20140903235006ef1.jpg

9月10日、以下追記

クッシング病もみつかりました。
どうりで、お世話係さんが朝くるとお水がなくなっていると、言っていました。。

クッシング病は副腎からホルモンが過剰に分泌される病気で、多飲多尿、脱毛、腹部豊満等の
体型異常が現れるそう。
この治療からはじめました。
やがては胆嚢の摘出手術をしなくてはならないようです。
様子をみながら、フィラリアの治療も。

高齢のもこみちにとって長期戦になりそう。

どうか、皆さん回復を祈ってください。

12月1日、以下追記

もこみち、なんと・・・

1417279337111-1.jpg

こんな悲惨な姿になってしまいました(;;)

1417279339809-1.jpg

クッシングのせいで皮膚の状態が悪くなり、

獣医の指導で毛刈をして、シャンプーしています。

皮膚が炎症を起こしているんです(><)

抗生剤投与と、週1のシャンプー。

見た目は正直あまりよくないですが、

前よりも足取りがしっかりして、

少し元気を取り戻しました!!

このタイミングで良いご縁がありますように(><)

1417279345284.jpg

(1月23日以下に追記

皮膚科の先生にクッシングを見てもらいました。

身体のかさぶたみたいなやつは、

身体の中から押し出されたカルシウムの成分だそうです。

無理矢理はがすと、じんわり出血します。

image (25)

ケアのやりやすさの為に少し前に毛刈りをしましたが、

脱毛もあり、残念ながら毛が生えてくるのは期待できません(;;)

毛を生やす事を治療の目標に掲げると、

薬の量や、管理が非常に大変になると言われました。

残念ながら現在は、医療費を考えたり、

管理の手間を考えると、そこまでは出来ません・・・

なので、モコモコのもこみちでしたが、

この姿のまま過ごす事になりそうです。

洋服を着せて寒さをしのいでいます。

現在もかかりつけ医でクッシングの治療をしていますが、

なるべくマメに検査をしながら、

かかりつけの先生の治療法のままで、、という事になりました。

image (26)

動きはとってものんびり。

お散歩に出しても、ほとんど動かずです(--;)

引張りながら歩く感じになるので、

お散歩出すのが可哀想になるほど。。。

段差では転んでしまう時もあります。


image (27)


もうそんなに何年もは長生きできないかな、

という感じがします。

若くて元気いっぱいの子を飼育するのは無理だけど、

先が短い子なら、ぜひおいで(^^)

って思って下さる方とご縁があれば良いと思っています。



ご検討よろしくお願いいたします。


連絡方法は→こちら

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。