センターに収容されている犬猫達の紹介です
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジ白♂ ポンくん 下肢麻痺
2014年12月30日 (火) | 編集 |
***2014年5月28日掲載***

キジ白の男の子、ポンくん

負傷収容です。2才位、白血病エイズ陰性

(6月11日 下部追記)
(8月17日下部に追記あり)
(9月10日下部に追記あり)
(11月29日下部に追記あり)

4月25日、下部追記しました
9月21日、下部更新
2016年8月14日(すみません、久しぶりの更新です)





恋の季節、

猫の事故収容がどっと増えます!



血尿、下肢麻痺みられたので

入院しました。



詳細追ってお知らせしますm(__)m


追記

ポンくん  よく見たら耳カット・・・ということは地域猫ですでに去勢済み。

年齢もまだ2歳くらいです。

麻痺していた後ろ足はだいぶ回復してきました。

でも、おしっこが自分でできません。

今のところ、圧迫排尿が必要です。

ポン


以前収容されたしろのすけもポンちゃんと似たような症状でした。

でも今は自力で排泄できるようになりました。

もしかしたら、ぽんちゃんも・・・


ポン2

とても人なれしています。

201408152248585e0.jpg


(8月17日、追記)

ポンちゃん、
自力排泄できるようになりました!

あまり、高いところへはのぼらないようです。
(あまり活発に動くタイプではないようです。)

若いわりには、落ち着いた良い子で、人が大好き。

慣れるまで時間がかかりますが、慣れたらきっと家族にベタベタだと
思います。

そっとそばに寄ってくるタイプです。

(9月10日、追記)

ポンちゃん、心雑音があるようだと、検査をしました。

心筋があつく、血液の逆流がみられました。
今後血栓が詰まることがあり、致命的になる場合もあるそうです。
心筋症という診断で、お薬を飲み続けなければなりません。

進行する病気なのでだいたい、6年くらいが寿命といわれています。

ご理解いただける方、家族として迎えていただけませんか。

(11月29日以下追記)

ひさしぶりの追記です。

心臓病のポン君ですが現在、病状は安定しています。

DSC_2302.jpg

お薬の効果がでているようです(^^)

元気になってきたので再募集いたします。

DSC_2301.jpg

一緒に過ごせる時間は年齢の割には

短いかもしれませんが、

人が大好きなポン君の、ママ・パパになってください

DSC_2299.jpg

4月25日、以下追記しました

尿欠席による急性腎不全で入院しました(;;)

何度も吐いてヘタれてしまいます。

急変するおそれがあるので、

入院してもらい回復を祈っています。


9月21日、以下更新

アメブロの方でポンちゃんの記事を書きましたので、

その記事のリンクになります。

記事はこちら

投薬は続いていますが体調は安定し、

ふっくらしてきました。


2016年8月14日、以下追記

すっかり間が空いてしまいました・・約1年ぶりの更新。

DSCF0543.jpg

シャイな所がありますが、

慣れてしまえば、ベタベタの甘えっ子の可愛いポン♪

DSCF0542.jpg

心臓病で薬を投薬しています。

現在、体調は安定した日々を過ごしています。

年齢はもう3〜4歳・・・という所でしょうね(^^;)

DSCF0533.jpg

こちら動画です(^^)



ご検討をお願いします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。